【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナと闘う病院に癒やしを ヤマハがピアノ寄贈

新型コロナと闘う病院に癒やしを ヤマハがピアノ寄贈 参考画像 国内の話題

0

新型コロナと最前線で闘っている地元の病院にエールを送ろうとヤマハ掛川工場は12月16日、ピアノを贈呈しました。

 ヤマハ掛川工場が掛川市の中東遠総合医療センターに寄贈したのは自動演奏機能付きのアップライトピアノです。県内でも新型コロナの感染が発生し始めた当初から患者を受け入れている中東遠総合医療センターに対し、音楽の力で癒しのひとときを過ごしてほしいと企画されました。
 <中東遠総合医療センター 宮地正彦院長>「とてもとてもうれしいです。みんなが勇気づけられて。これからも医療者は頑張っていきますし、患者さんもこれで癒やされて早く病気が治ってくれれば」
 病院では1日4回の自動演奏が流れるほかミニコンサートを定期的に開催する予定です。またピアノの寄贈式に先立ち、病院の職員が拍手を送る一幕もありました。多くの人からの支援への感謝の気持ちと、コロナに立ち向かうすべての人にエールを送るために行いました。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました