【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナに関する3月8日以降の飛騨市の対応について(市民の皆さまへの市長メッセージ)

新型コロナに関する3月8日以降の飛騨市の対応について(市民の皆さまへの市長メッセージ) 参考画像 国内の話題

0

岐阜県が実施している緊急事態措置区域除外後の「緊急事態対策」が3月7日で期限を迎えましたが、第三波は完全に終息したわ
けではなく、感染力の高い変異株の出現もあり、気を緩めればリバウンド、すなわち第四波もありうる状況です。

こうしたことから、この度、岐阜県から県民の皆さまに対するお願いが発表されましたので、3月8日以降の飛騨市の対応につ
いて、都竹市長よりメッセージを発出しました。
 
▼岐阜県の「緊急事態対策」の期限終了に伴う飛騨市の対応(市公式ホームページ)
https://www.city.hida.gifu.jp/site/corona/29166.html
 
▼原文
飛騨市長の都竹です。昨年末からの新型コロナウイルス第三波の感染拡大を受け、岐阜県に出されていた緊急事態宣言は2月末日をもって解除されましたが、引き続き県から出されていた様々な自粛要請も、3月7日をもって解除されることとなりました。
 
しかし、第三波は完全に終息したわけではなく、感染力の高い変異株の出現もあり、気を緩めればリバウンド、すなわち第四波もありうる状況です。
 
こうしたことから、この度、岐阜県から県民の皆さまに対するお願いが発表されましたのでお知らせします。
 
まず、3月8日から飲食店の営業時間の制限は解除されますが、歓送迎会や花見の宴会など「感染リスクの高い大人数での飲食」は避けていただき、「短時間で」、「深酒をせず」、「大声を出さず」、「会話する時はマスクを着用する」など、これまでどおり感染防止対策に万全を期していただくようお願いいたします。
 
また、「大人数での会食の回避が徹底されない旅行」等については、当面、自粛又は延期をお願いいたします。
 
次に、「県をまたぐ移動」、特に「緊急事態宣言が発令されている地域への移動」は、必要と安全性を慎重に検討してください。
 
そして、イベント等については、飛騨市内の会場については、大声を出さない限り、定員の制限はなくなりましたが、引き続き密な場面を作らないような感染防止対策を施していただいた上での開催や参加をお願いいたします。
 
市の施設の営業時間については、基本的に通常の時間となりますが、「すぱーふる」「ゆうわーくはうす」「おんりー湯」については、引き続き夜8時までの営業となります。
 
ワクチン接種については、ワクチンが届き次第、速やかに接種できるよう準備を進めておりますが、国からの供給の見通しが十分に立っておらず、市民の皆さまにはもう少しお時間をいただくことになります。
 
春が近づき、暖かくなり、気分も開放的になる季節を迎えますが、市民の皆さまには、社会経済活動を少しずつ元に戻しつつも、引き続き「マスク着用」、「手洗い・手指消毒」、「部屋の換気」など基本的な感染防止対策の徹底を図っていただきますよう、よろしくお願いいたします。
  
【問】飛騨市新型コロナウイルス対策本部
(危機管理課)電話0577-62-8902

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました