【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナの死因と後遺症 医師がわかりやすく解説

新型コロナの死因と後遺症 医師がわかりやすく解説 参考画像 国内の話題

多臓器不全やサイトカインストームを解説。この動画は医療の正しい情報を医師が専門的に解説する学術的な内容です。陰謀論等ではなくコミュニティガイドラインを守って作成しています。★サブチャンネル登録お願いいたします→https://www.youtube.com/channel/UCwCYWb0pT4K7GPXxl8qrkXw?sub_confirmation=1

◎Cが重くなる兆しの一つというSpO2の測定やパルスオキシメーターについてブログ解説しています→https://kanwa.tokyo/spo2

◎かんわいんちょーTwitterのフォローよろしくお願い申し上げます→https://twitter.com/shuichiotsu

★紹介関連動画
→https://www.youtube.com/watch?v=wMVtSkKZUJw&t=125s
→https://www.youtube.com/watch?v=nZfhUTiKMvE
→https://www.youtube.com/watch?v=s4-5xKoI2Ek&t=811s
→https://www.youtube.com/watch?v=N5cjcWYRDTY&t=76s

◎苦しみが軽くなるメルマガ
→https://ameblo.us17.list-manage.com/subscribe/post?u=eebb8db4ee7115412a9b4e0f3&id=0a6938b360

★★★病気になったら早期緩和ケア外来へ★★★全国オンラインの「どこでも緩和」対応。詳細はこちらから。健康相談・人生会議も受け付けています。→https://kanwa.tokyo/taisyoukanjya

緩和ケア経験豊富な本物の医師が信頼できる緩和ケアや医療情報を発信します。ぜひチャンネル登録をお願い申し上げます→https://www.youtube.com/c/kanwa/?sub_confirmation=1 ご登録後、🔔のマークをタップし「すべて」を選択して頂くと新着動画をすぐお知らせできます。

緩和ケア医・大津秀一(東京都文京区目白台の診療所 https://kanwa.tokyo で緩和ケア外来をしています。オンライン相談<遠隔相談>で全国ご相談可能)

【関連動画】
◯【驚愕】内科医の僕が暴露します。→https://www.youtube.com/watch?v=YxrrTcGXYpg&t=607s

早期緩和ケア大津秀一クリニック
https://kanwa.tokyo/

早期緩和ケア相談所
http://soukikanwa.jp/home/

アメーバオフィシャル
https://ameblo.jp/setakan/

早期緩和ケア外来Facebook
https://www.facebook.com/soukikanwa

早期からの緩和ケア医Twitter

#病気になったら早期緩和ケア外来
#全国オンラインどこでも緩和
#アフターコロナ

【コメント】

  1. 【コロナウイルスワクチンの欺瞞を告発している医学ドクター・トマスコワンの衝撃レポート(和訳):コロナはウイルスではなく遺伝子の一部で気を付けるのは電磁波と水分?!】

    ​<5G, Coronavirus & the NWO Hidden Agenda​から抜粋>
    http://stateofthenation.co/?p=9369

    <COVID-19 — NOT a virus! Rather it’s a 5G bio-attack (Video)​​​:約45分よりコロナの衝撃の事実!>

    ルドルフシュタイナー曰く、

    ​​コロナウイルスは、遺伝子(DNA/RNA/プロテイン)の一部で、

    細胞(セル)が毒化/傷つけられると出てくる排泄物のようなもので、

    ウイルス自体は何の(感染の)影響も及ぼさない。

    人類初のパンデミックの「スペイン風邪(1918年)」の時

    ボストン感染保険局の実験、

    何百人のインフル感染者の鼻水を集め、健康な人に注射、

    が一向に風邪にならない(感染しない)

    これを何回、何人に繰返しても同じ結果(無感染)だった。

    馬でも同じ結果で、風邪にかかった馬の呼気を袋にため、

    他の馬にかぶせる、何回繰返しても、風邪は移らない、

    スペイン風邪の世界的パンデミックは何が原因か?

    当時、世界中で、ラジオ放送が始まっていた。

    【スペインかぜの原因】

    ●大気層で電波が乱れ始め、地球の帯電状態が変化し始めた​
    (クオンタムリープが発生、と言う表現を使っている)

    ​●電磁波が細胞を傷つける環境が出来上がり
    (様々な病的背景を持つ人に、影響を与え始め)

    ●傷ついた細胞からはウイルス(排泄物)が出てくる。
    (これを風邪のウィルスと間違える)

    ※​症状は風邪に似ていることから、スペイン風邪と呼ばれた

    ➡コロナウイルスの感染原理は、これと同じ現象だという。

    ■現在コロナは、6ヶ月であっと言う間に世界中に拡大中

    第二次世界大戦以降、世界中に軍事レーダー/衛星が蔓延り、

    バンアレン帯に変化、太陽風や宇宙線も入り込むようになり、

    アジア風邪/香港風邪などはその環境下で起きている。

    また、​米の大量設置しているHAARPとか巨大アンテナも用途が怪しいと言われてもおかしくない

    ●過去数十年、我々は、

    脳(松果体)に多大の影響を与える4つの因子を受けてきた、

    1)ケムトレイル(特にアルミは誰しも体内に蓄積している。更に、人口的にアルミを撒く行為が行われている。)

    2)農薬(グリサード(除草剤))※日本は今年から農薬規制を緩める!

    3)水道添加物(フッ素)※日本は4月から水道利権を外資に売り渡し水道水にフッ素が入れられている!!

    4)Wifi(~4G)

    この20年に、見事にオーケストレイト(複雑なコンピュータシステム化)されている、

    始めの3つが行き渡り、体内で化学反応するアルミを蓄積した状況が出来て、

    スイッチを押す(発症させる)のがWifiである(4Gまでと比べて、5GはGHzが突出して大きい為、発症の原因になりやすい)

    ※アルミと5Gなどの電磁波の出す水銀が体内で、スパークさせると言う言葉が使われている

    ※Wifi単独でも影響は強いが、体の受け入れる条件を整えられたら、その影響はより強くなる(体調不良/免疫力低下など)

    ■コロナ感染原因は何?

    少なくとも人からのウイルス感染ではない。


    上の4つの状況がそのまま答えになるが、

    これに年齢や持病(インフル/肺炎など)の状況を踏まえ、

    トマスは2つの理由を加える。

    1)Wifiに5G(軍事用途帯域)が登場してきたこと

    2)地球を覆うネットワーク網が出来上がりつつあること

    という。


    メディアには出てこないが

    現在、宇宙にひ2万基の5G用サテライトが打ち上げられている。

    ​低軌道(成層圏)でのフェイズドアレーアンテナゆえ、

    受け入れ体制(レシーバー)さえ整えば、安定発信でプリズンプラネット(監獄惑星)となる!

    特に、​中国(武漢)は5G基地局が集中していたのは明白。

    ダイヤモンドプリンセス然り、5G基地局が集中している国の被害(死亡者数)は突出している。

    現在の状況は1918年代と比べると、

    電波網は、著しく進化(悪化)しているゆえ、

    世界中にあっと言う間にコロナフルーが広がっているのは、


    人の感染ではなく、グローバルネットワーク化の成果であるという。

    地球上の電磁場環境がこの半年で変ってしまったが、

    トマスは、電磁波の観点から2つの注意すべき要因を指摘。

    『体内の”水質”と”金属量”で、水分は体の70%を占め、アルミは電磁波を受けるアンテナになる』

    ここまで来ると、自ずと対策が見えてくる。

    手洗い、消毒、マスクが悪いとは言わないが、

    ひとえに電波のレシーバーにならないことである。

    即死スイッチを押させないこと(押させる環境/体調を避ける事)

    良い水とレスアルミは大事である。

    しかし、アルミを飛行機上から撒かれる(ケルトレイム)は対策しようも無く、

    あらゆるワクチンにもアルミが入っている上、

    そこへ5Gの60GHzを照射されると、酸欠で即死!?という現象は避けられない(事実、日本でも増えて来て現象!)

    <コロナの本質を知った上での新対策法>

    まず、帯電を防ぐ工夫が必要!

    5Gアンテナのそばを避けること!!

    また、スマホの常時携帯を避け、夜間のルーターOff、PCの除電マット、

    裸足生活も電気を溜めない効果、あとキレイな水をなるべく飲んで電気に強い体にする事!!!

    「我々はモノ的存在ではない、電気的存在なのである」

    ※コロナ対策はウイルスとしてではなく、電気的に考えるのがコツという事であると。

  2. いつもCの情報ありがとうございます。
    いくつか質問がございます。
    Cは感染のどの時点からどの時点まで人に感染させる力を持っているのでしょうか。そのような動画ありましたでしょうか。
    pcr検査など受けていないので、陽性かどうか解りませんが、少なくとも4月以降は無症状(毎日検温で確認)で外出自粛生活していた人同士、マスクやソーシャルディスタンスが必要なのでしょうか。

  3. 本日の動画のように2, 3ヶ月前の動画をおさらいするとともに最新の情報を配信してもらいよりCへの理解が深まります。私も3か月前の動画だとみていないものもあり、時には新たな情報として知ることになります、その場合はこういうおさらい動画がとても役にたちます。今アメリカでは再度感染者が少しずつ増えている状況にあります、政権がそれを心配しているかいないかはよくわかりませんが、少なくとも医療従事者の方々の間では重要な話題になっているようですと報道されています、こちらの状況はまだまだ油断していけないというところです。本日も大変良く理解できる動画でありがとうございました。

  4. 今までのまとめ、ありがとうございます。一回見ただけではなかなか〜(*´ー`*) いまだに、ウイルスではない説ありますね。

タイトルとURLをコピーしました