【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナ対策を検証 全国知事会(2020年8月24日)

新型コロナ対策を検証 全国知事会(2020年8月24日) 参考画像 国内の話題

国や自治体の新型コロナウイルス対策を検証する全国知事会のワーキングチームは、テレビ会議を開き報告書を大筋で取りまとめました。報告書によりますと、クラスター=感染者集団について6月中旬までに確認されたのは238件で、医療機関では人員不足を背景に体調不良の職員が勤務を続けたことや飲食店でマスク着用の不徹底などが原因だったと分析しています。また、PCR検査の拡充も訴えています。例えば、検査体制について
神奈川県では、これまでに検査協力医療機関の拡大を進めてきましたが、迅速に検査を受けられる、さらなる体制づくりが必要だとして「検査の神奈川モデル」を構築。PCR等検査の臨床検査技師の研修を支援する方針です。全国知事会のワーキングチームは、今後もクラスターの予防や早期に対処することが、重要な課題だとして、医療機関や福祉施設などでリーダーを育てることや、外部から応援職員を送る体制づくりを主張しました。
また、飲食店については、発生時の店名公表などが不可欠との見解を示しました。さらに国の財政支援についても必須だと言及しています。

#全国知事会#人員不足#クラスター

【コメント】

  1. 福島県知事は優しい人

  2. クラスター多いですねー

  3. 愛知県知事は異常な人

  4. 出勤時の検温を徹底すればいいのに。発熱して検査結果も出てないうちに出勤してる人が多すぎる。

  5. PCR増やしたって陽性者に対応出来る医療体制が無ければ意味がないとしか思えないのだが…

  6. 愛知の大村をみんなで成敗しよう!

タイトルとURLをコピーしました