【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナ“第3波”警戒で外出控え 天神地区初売りも人出が減少 福岡市 (21/01/02 12:00)

新型コロナ“第3波”警戒で外出控え 天神地区初売りも人出が減少 福岡市 (21/01/02 12:00) 参考画像 国内の話題

0

福岡市の天神地区では正月恒例の初売りが行われています。
2021年は新型コロナの影響で例年より人出が少なくなっています。

このうち大丸福岡天神店では午前9時の開店を前に行列ができましたが、
その数は2020年の15%ほどの約700人にとどまりました。

大丸は、買い物客の集中によるコロナ感染を防ぐために
福袋の大半を事前予約で販売し、店頭販売を7000袋にとどめたことから
例年のような混雑は見られませんでした。

◆買い物客の話
「並びました。8時前ぐらいから」
「ラスクの福袋を買いました。
(人は)少ないと思います」

大丸は、災害やコロナ禍に見舞われた地域を支援する
体験ツアーの福袋も抽選販売していて、
九州全体を盛り上げたいとしています。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました