【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

有効求人倍率9カ月連続低下…新型コロナで苦境続く

有効求人倍率9カ月連続低下…新型コロナで苦境続く 参考画像 国内の話題

福岡県の9月の有効求人倍率は、求人数と求職者数が同数の1.00倍で、9カ月連続の低下となりました。

新型コロナウイルスの影響で、厳しい状況が続いています。

福岡労働局によりますと、有効求人倍率1.00倍は、前の月を0.03ポイント下回っていて、2014年10月以来の低い数値となりました。

新規の求人数が、前年の同じ月と比べて3.2パーセント減少したことが要因の1つです。

特に宿泊業・小売業、飲食サービス業などでは、求人を手控える傾向が強くなっています。

福岡労働局の藤枝茂局長は30日午前の会見で「GoToキャンペーンの期待はあるものの、(新たな)求人の増にまでには至っていない」と述べています。

なお、九州・沖縄全体の9月の有効求人倍率は0.98と、5年5カ月ぶりに1を割り込んでいます。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました