【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

猫の命と新型コロナと〜猫カフェmfmfの思い〜【毎日ビデオジャーナリズムラボ安田菜津紀賞受賞作品】

猫の命と新型コロナと〜猫カフェmfmfの思い〜【毎日ビデオジャーナリズムラボ安田菜津紀賞受賞作品】 参考画像 国内の話題

2020年は新型コロナウイルスに翻弄される年になりそうです。吹き荒れる自粛の嵐は、猫カフェにも襲いかかります。そこにいる猫たちの運命や如何に。

舞台は横浜にある「猫カフェmfmf(モフモフ)」。保護猫カフェです。スタッフ猫の他、里親を探す保護猫たちがいます。新型コロナウイルスは、保護猫業界にどのような影響を与えたのでしょうか。人々は外出を自粛し、猫カフェもお客様が減ります。保護猫カフェなので、里親候補も減ってしまいます。そうなると、店を卒業する猫も少なくなり、新たな保護猫の受け入れができない、という悪いスパイラルにはまってしまうのです。

しかしその一方で、「ステイホーム」で人々が自宅にいる時間が増え、ペット需要が伸びるという現実もありました。猫カフェmfmfでも、自宅にいる時間が増えたから里親になりたいという人を、断るケースも出ています。スタッフの多田あさみさんが「安易に飼うのはやめてほしい」と警鐘を鳴らすほどです。

新型コロナウイルスによる社会的影響と保護猫の向き合い方、日々の過ごし方が変わった人々とペットとの向き合い方、そして、猫と暮らす上で、飼い主として心がけなければならないこと。そんなことをこの動画には盛り込みました。可愛い可愛いと動画中の猫を愛でるも良し、話を受け止め自分事にするも良し。動物との暮らし方を考えるきっかけになれば幸いです。

関連記事(動画中引用)
「コロナ禍で高まるペット需要 飼い主の覚悟に募る懸念」産経新聞2020.06.11
https://www.sankei.com/premium/news/200611/prm2006110003-n1.html

#保護猫
#猫カフェmfmf
#新型コロナウイルス

インタビュー撮影日:2020.08.17

毎日ビデオジャーナリズムラボ第7期(2020.04-2020.09)安田菜津紀賞受賞作品

【コメント】

  1. はじめまして、こんにちは。突然のコメント失礼致します。
    東京大学情報学環・学際情報学府、修士2年の大学院生です。

    YouTube動画配信者の実態と心理を明らかにするためのアンケート調査を実施しておりますが、
    8月動画配信経験のある方を無作為に選ばせていただき、調査へのご協力をお願いしております。

    ご協力いただける場合は下記のGoogleフォームにご回答いただけますよう、宜しくお願い致します。
    forms.gle/qwhdQn1kuQnxrXYc8
    ※所要時間:15分程度  ※受付期限:10月5日(月)23:59まで

    もしアンケートの回答にあたり、何かご不明な点がありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。
    お手数おかけして誠に恐縮ですが、ご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました