【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

第91回 「新型コロナウィルス 34 SHC014」ー 危険なウィルスを動物に感染させる技術は2015年に確立された【KOZOの超植物チャンネル】

第91回 「新型コロナウィルス 34 SHC014」ー 危険なウィルスを動物に感染させる技術は2015年に確立された【KOZOの超植物チャンネル】 参考画像 国内の話題

0

植物の気持ちがわかる大学教授が、樹木や自然霊から聞いて知った、植物の人生について語る。

先生:筑波大学名誉教授 板野 肯三
生徒:照屋 護

第91回 「新型コロナウィルス 34 SCH014」

0:20
 2013年に石正麗が見つけたSHC014というウイルスを使って2015年にノースカロライナ州立大学のバリックがウィルスの感染力を変える研究をした
0:42 SHC014にSARSのウィルスのスパイク(突起)をつけたところマウスに感染するようになった
2:20 このとき(2015年)自然界の危険なウィルスを動物に感染させる技術ができた
2:24 バトラーはこの実験の危険性を指摘し反対したがバリックはワクチン開発のために必要であるとした
4:18 石正麗の論文には3367という単離に成功したコウモリのウィルスが登場するがこれは人に感染することがわかっている
7:30 これは野生のコウモリのウィルスにSARSの感染機構を組み込んで人に感染させる技術ができ始めたことを意味する

***
板野肯三
1948年岡山生まれ。東京大学理学部物理学科卒。理学博士。専門はコンピュータ工学。筑波大学システム情報工学研究科長、学術情報メディアセンター長、評議員、 学長特別補佐等を歴任。現在、筑波大学名誉教授。専門外のことにも幅広く関心を持って活動し、研究室で一粒の種から500本以上の茎を出す稲を育てたこともある。ソロー学会の会員。

「地球人のための超植物入門」 https://ascendlapis.com/menu/638708
*お近くの書店でお取り寄せいただけます。

「地球人のための超ウィルス入門」(キンドル) 
https://ascendlapis.com/menu/c593771

#新型コロナウィルス#SCH014#石正麗#SARS

【コメント】

  1. 変異の激しいRNAウイルスの新コロのワクチンが出来るものなのでしょうか?政府は安全性も全く分からない遺伝子組み換えウイルスワクチンを日本全国民に打たせようとしています。
    毎日のように今日は何人感染確認した~とメディアは発表していますが、PCR陽性をもって感染者だと決めつけ、人から人へ伝染していると結論付ける事はおかしいと思いませんか?
    「新型コロナは、本当に無症状者から感染するのか」https://www.youtube.com/watch?v=_yf585RYpPM
    「遺伝子組み換えウイルスワクチンを理解する」https://www.youtube.com/watch?v=8DvCStZ141c
    「この騒動をわかりやすく考え直す」https://www.youtube.com/watch?v=WrGsVGkha0o

タイトルとURLをコピーしました