【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

精神科病院×コロナ~最前線からの報告

精神科病院×コロナ~最前線からの報告 参考画像 国内の話題

新型コロナと闘う精神科病院 最前線からの報告
東京世田谷にある都立松沢病院。新型コロナの感染拡大を受け、精神疾患のあるコロナ患者を診る専門病棟を作り、治療にあたる“最後の砦(とりで)”だ。5月下旬に都内の精神科病院でクラスターが発生すると、次々と患者が運び込まれた。多くは30年以上に及ぶ“社会的入院”を続ける人たち。地域や家族とのつながりが希薄になっている人も少なくない。松沢病院の1か月に密着し、精神科医療が抱える課題と現実を浮かび上がらせる。

東京・世田谷にある都立松沢病院は、全国最大の精神科病院です。4月以降、精神疾患のある新型コロナ感染者専門の病棟を作り、治療にあたってきました。そんな中、都内の精神科病院でクラスターが発生し、患者受け入れのため現場はひっ迫します。コロナと闘う医療現場の2か月に密着し、見えてきた精神科医療の課題とは。

◎ “最後の砦”松沢病院 ひっ迫する医療現場
◎ある患者の死 長期入院の課題と葛藤する医療者
◎拡大する精神科病院クラスター 声をあげられない患者たち
◎何かが起きたとき ひずみは脆弱な人のところにいく
(以下、ドキュメントの内容の文字化は下のURL)
https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/396/

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました