【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

近隣住民のスマートダストの盗撮と放射線犯罪

近隣住民のスマートダストの盗撮と放射線犯罪 参考画像 国内の話題

20170625

当時、伊興中学校3年生です。私を見て「ハゲ、チョマンコ」。

この時、地域一丸となって私にスマートダストでの放射線犯罪が行われていて家宅侵入され大量にスマートダストが設置され水道水から体内にもナノチップが入れられ自宅のトイレの便座にまでスマートダストが設置されていてアプリで盗撮映像が配信されていて思考盗聴されていると気が付いていません。

そしてこのスマートダストの放射線犯罪と盗撮犯罪を公安が行っていて保育園児にまで盗撮映像を配信して子供に犯罪の教育をしていると

分かりませんでした。

教員や官僚、公安や建設会社や宗教団体が実行犯。

一般国民や病院、民間企業、放射線関連機関、マスコミ、裁判所などが

参加と隠蔽。

国が予算を出しています。

家宅侵入され自宅内や庭、私有地、樹木や区道にも大量のスマートダストがばら撒かれ私の体内のスマートダストと認証して放射線照射と盗撮が常にどこにいても行われる仕組みになっています。

小型カメラとセンサー内蔵の通信機器が放射線犯罪と5Gと連動しています。

方々のスマートダストと私の体内のスマートダストとがネットワーク構築して外部から

無線でデータの書きこみが行われています。

自宅内に様々な細工をされ人体実験され体内からセシウム137が出ています。

私は高校の担任に集団ストーカーテクノロジーのリストに上げられ16歳から現在の52歳まで

水面下で地域に犯罪が広まって行きました。現在地域一丸となって放射線照射に協力して

アプリで盗撮映像を見ています。

私は、ここまで事件など起こしたことがありません。けれど誰かがターゲットにして

祭り上げられここまでの被害が及んでいますが

本来国民を守る公安が行っている国家犯罪です。

そこに、喜んで加害に参加する人間がいてここまでの犯罪に巻き込まれています。

行っている人間は、法律が破綻している事も放射線犯罪や盗撮犯罪も決して自分達に

置き換えて深く考えては、いません。

そして、学校関係者や学生や保護者が「裁き、リンチ」と言い放射線照射の瞬間繋がっている

そうですがこの犯罪は、私をリストに上げたのが高校の担任だったように

教育者が始めた奴隷狩りのストレス解消の娯楽です。

教育者が学生に放射線照射の犯罪と盗撮の犯罪を教育しています。

そこに国が予算を出し公安、宗教団体、放射線関連機関、裁判所、マスコミ、病院、

大手民間企業、工務店、建設会社が加害に参加して隠蔽を行っています。

映画のパージやホステルの世界が日本で秘密裏に現実になっていると

考えると分かりやすいと思います。

訳の分からない未解決事件、行方不明者の人数、自殺者の人数、精神病院の異様な多さ

これがこの国です。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました