【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

週刊 グラフで見る新型コロナ(2020年10月23日)

週刊 グラフで見る新型コロナ(2020年10月23日) 参考画像 国内の話題

週刊「グラフで見る新型コロナ」
各自治体などの発表をもとにテレビ東京がまとめた
新型コロナウイルス感染症の感染者推移を
グラフでお送りします。

今週は直近の感染が始まった
6月下旬からの推移を見てみます。
これは1週間ごとの新規感染者を現したグラフで、
毎日の感染者数を見るより
感染数の傾向を見るのに適しています。

こちらは9月初旬からの下げ止まりの傾向が
ほぼ2ヵ月間続いています。
首都圏を中心に高い水準が続いていて、
専門家は横ばいから、わずかに増える兆候があると分析しています。

それでは続いて、
一週間毎の人口10万人当たりの新規感染者数を見てみましょう。

これは医療体制への影響を見る参考になるもので、
政府の分科会は感染状況を判断する指標の一つとして
15人を超えるとステージ3、
25人を超えると最も深刻なステージ4になりうるとしています。

全国でもっとも多くなっている沖縄県は
県内各地で広く感染者が出ていて、
飲食の場での感染対策の徹底など
幅広い対策が求められています。

一方、3番目に多くなった青森県については
弘前市で発生した接待を伴う飲食店のクラスターが原因で、
すでに対策が進められています。

※「1週間毎の新規感染者」はその日からさかのぼって7日間の陽性確認者を足したものです
※「1週間毎の新規感染者(人口10万人当たり)」で使用している人口は2019年10月時点です。

#コロナ#新型コロナ#最新情報#新型コロナ分科会#感染者数#感染者推移

【コメント】

  1. 勉強したいから休校になれ

  2. イギリスあたりがこのグラフ見たら驚くだろうな

  3. じわじわ増えてるっていいことじゃん。

タイトルとURLをコピーしました