【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

静岡でもお歳暮商戦がスタート 新型コロナを反映した販売に

静岡でもお歳暮商戦がスタート 新型コロナを反映した販売に 参考画像 国内の話題

静岡市の百貨店では11月4日から、お歳暮商戦がスタートしました。2020年は、新型コロナの影響でお歳暮の販売も様変わりしています。

 静岡伊勢丹では、4日からお歳暮ギフトセンターを開設し、初日は朝から多くのお客さんで賑わいました。お歳暮商戦にも新型コロナの影響は色濃く出ています。
<静岡伊勢丹・営業統括部 戸田健夫さん>「受付をし、受付券を取ったお客様が席を離れても、自分の順番が来たらご案内をする。ずっとお待ちいただかなくても対応ができる体制に変更しております」
 2020年は新型コロナの影響で帰省できないことなどから、地場産品が注目されています。こちらでは、静岡の食材を利用した鍋料理も配送することができます。
<買い物客>「しらすとかサクラエビが好きだと聞いていたので、それを送ろうかなと」「(お歳暮は)お互いに元気に生活しているよという証になる」
 静岡伊勢丹のお歳暮ギフトセンターは、12月24日まで開設されます。

#オレンジ 11月4日放送

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました