【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

20200202 自転車で通過時「斉藤」

20200202 自転車で通過時「斉藤」 参考画像 国内の話題

20200202 自転車で通過時「斉藤」と言っていますが斉藤とは、私の自宅に無数に設置されたセンサーとカメラ内蔵の無線通信機器の小型チップの盗撮を多くの国民がアプリで見て付いた幾つかの私のあだ名の一つです。

盗撮は、通常の盗撮と異なり竹ノ塚警察と足立区の依頼で地域住民が私の自宅内に大量に設置された小型チップでの盗撮映像をアプリで見ていましたが学生を加害に参加させて国内全域に盗撮アプリの事と放射線犯罪が広まります。

竹ノ塚警察は、私に「引き払って足立区から出て行ってくれ」と言ってきますが

自分達が秘密裏に行っている犯罪が大きくなりすぎてしまい他の地区に押しつけようとしたのです。

もしくは、最初から区外に追い出す為に加害を広めたはずです。

2018年駅前のクリーニング店で働いていました。

住民や名前を登録してカードを作る会員制の店でしたが学生の保護者達が何人もやって来て

「斉藤」と名前を言ってくるのですが実際は、違う名前が本名で登録されていてカードが機械に

通らずニャニャして笑って本名を言って立っている異常な状況が続きました。

私の眼球のスマートダストで私の見たものも配信されるので嫌がらせを行うと金銭が貰える

仕組みなのだと思います。

私の加害を行っている家族も(今も夫婦で加害の会話をしている映像を送っています)

私の加害で金銭を得ています。

集団ストーカーテクノロジー犯罪は、国が行っている犯罪ですが怖いのは人間の本当の

心理を利用して加害を民間人に行わせている所です。

メインに子供を使っている事も教育者全員が放射線犯罪と盗撮を生きがいにしている事もです。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました