【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

9/19 新型コロナウイルス感染症栃木県内377~385例目 記者会見<栃木県>

9/19 新型コロナウイルス感染症栃木県内377~385例目 記者会見<栃木県> 参考画像 国内の話題

新型コロナウイルス感染症県内377~385例目の患者確認について、9月19日午後6時00分から行われる栃木県の記者会見をライブ配信します。

チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCG78EKOzkFEhOG3Nfv8J-YQ

これまでの記者会見はこちら
https://www.shimotsuke.co.jp/feature/movemate/tags/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

※電波状況などにより、LIVE配信が行えない場合、録画でアップロードします。ご了承ください。

【コメント】

  1. PCR検査は、プライマーセットした遺伝子情報以外は探せない。
    つまり、変異した新コロにはPCRは反応しない
    これを【同義的置換】と言って、要は【陰性者にも機能が同じ新コロ】が存在する事は普通にある。(むしろそっちの方が多い)
    9/17時点の厚生労働省の発表によると
    PCR検査総回数【2.193.319件】
    陽性者数   【77.009人】
    陽性率    【3.51%】
    陽性者予測値 【456万人】
    陰性者でも同義的置換された新コロの保菌者がいるのだから、
    およそ5%の陰性者に当てはめてみても、(かなり低く見積もってます。)
    陰性率【96.5%】での陰性者の5%で【627万人】になる。
    陽性者456万+陰性者627万人で1083万人の予測値。
    (曝露レベルも含めての保菌者の予測値)
    分かりやすく、インフルエンザで比較するとインフルエンザは【予測感染者数】という指標があり、(1000〜1200万人)そこから算出します。去年のインフルエンザの死者数は【3325人】死亡率は0.033%になります。      
    予測値
    インフルエンザ【1000万人】
    新型コロナ  【1083万人】
    1083万人の予測値から死亡率を割り出せば、
    9/17時点の死者数【1473人】なので、←しかも水増しされてます。笑
    死亡率は・・・
    0.013%となりインフルエンザの0.033%に遠く及ばない・・・・。
    指定感染症第2類の新コロが第5類のインフルエンザより遥かに下回る数字です。
    つまり、新コロは第5類にも設定できない程度の感染症でしかないと言う事です。
    そして、PCR検査での【陽性】【陰性】を識別する意味すらないのはご理解頂けると思います。
    現在のコロナ茶番の正体は何なのか??
    それは、【曝露レベル】でもPCR検査で陽性となり、【可視化】されてしまうからである。
    人類は、常にウイルスやバクテリアの曝露状態にあるのが自然の摂理である。
    曝露してても発症しなければ、【健康】であると考えるのが常識にもかかわらず、【陽性者】というレッテルにより可視化され、さも感染拡大している!!と無意味なパニックに陥っているだけなのである。これが【コロナ茶番】の正体です!!

タイトルとURLをコピーしました