【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

ICチップを埋め込まれた自分の体の電界200V/m

ICチップを埋め込まれた自分の体の電界200V/m 参考画像 国内の話題

撮影していませんでしたがこの動画を撮った少し前、ICチップを埋め込まれた自分の体の電界は、200V/mでした。

近隣から無線で放射線照射のデータ送信が行われると帽子や衣類や布団の電界・磁界の数値が高く

なり全身が痒くなります。

顔の帽子に当たっている部分と頭と背中は、血が出て全体がかさぶたになって

皮が剥け続けています。決まった人間の映像と音声送信がずっと続いています。

RFIDの仕組み

MECHANISM

専用読み取り機(以後、リーダライタ)と無線により通信するものを「RFタグ」と呼びますが、「非接触ICタグ」や「無線ICタグ」、 また単に「ICタグ」とも呼ばれます。 RFタグはアクティブ型とパッシブ型に大きく分けられます。大きな違いは電池を内蔵しているかどうかという点です。アクティブ型タグは電池を内蔵し数十メートルといった長距離でも通信することが可能ですが、電池寿命やタグ1枚当たりの単価が高くなることが問題となります。反対にパッシブ型タグは電池を内蔵していない為、短距離での通信となりますが、小型化・薄型化が容易で物理的に破損しない限り半永久的に利用することが可能です。近年、RFタグで主流となっているのはパッシブ型タグです。流通業種、小売店などを中心とした企業での利用の他に、電子マネー、個人認証(運転免許証、パスポートなど)皆様の身近なところでも利用されてきつつあります。

目と鼻の先から無線で盗撮と放射線照射の指示のデータ書き込みが行われています。

届く範囲を考えると目と鼻の先にいる人間です。

近隣のある決まった場所から何年も放射線照射が行われています。

そして、家宅侵入され自宅内は、放射線物質が蛍光灯や壁紙などにあらかじめ設置されています。

さらに小型ICチップが無数に設置されていますが自宅内の多くの物には、購入時点で

既に小型ICチップが設置されていますが電波の届く範囲の近隣の犯罪者にデータ送信で

私の放射線照射の指示と盗撮の指示が書きこまれそのデータ送受信が行われて

いる為、自宅内は、電界磁界の数値が高線量でさらに放射線照射で発生する

電子や粒子やイオンや飛跡が飛びまわています。

小型ICチップは、私の両目の眼球や歯にも設置され私の見たものがライブ盗撮される

ようにデータが書きこまれています。

さらにガイガーカウンターやパソコンに設置された小型ICチップによって

数値の改ざんやパソコンの乗っ取りが行われて

近隣のある一家から犯罪の仄めかしがずっと行われています。

​高線量の放射線数値と電界磁界の高い数値は、近隣の駐車場方面の

​流しのキッチン付近です。窓ガラスや食器棚や流し台などいずれも電気の通っていない所です。

以前から光電子やイオンがキッチンの壁を​

突き抜けて大量に私の自宅に流れていました。

電界磁界の数値が高い水や流しや冷蔵庫は、撮影で小型チップの攻撃指示のラインがありました。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました