【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

RFID操作の犯人は、目の前にいる

RFID操作の犯人は、目の前にいる 参考画像 国内の話題

20201228

深夜に頭をかきむしって出血して目を覚ますと枕から

光電子が出ています。地域住民が一丸となって「ハゲ」と怒鳴っているように

執拗に頭部に対する放射線照射が2016年から行われ皮膚炎と脱毛が続いています。

RFIDの犯罪を家宅侵入して選んだのが私の自宅周りを宗教団体の工作員が囲んでいて

障害物がなくリーダーライタのタグの読み取りが行えたからです。

私の自宅は、鉄筋ではないので電波も入りやすく隣との距離は、10メートルもなく

障害物が一切ありませんでした。

RFIDは、磁界か電波に乗せて伝送しますが私の自宅の動画を見るとタグを選んで

寝ている場所の枕の小型チップにデータを送っています。

アルミホイルで防げるとありますが嘘です。

床、天井、私有地含め何万と言うRFIDタグが設置され私の被害は、土地柄の地元住民、

警察署、宗教団体が絡み通常の被害者とは、明らかに異質な犯罪です。

家宅侵入してコバルト60やウランなどの放射線物質を取り付けたり学校が犯罪を犯していたり

盗撮映像をアプリで学生に広めたり言葉の暴力の口汚さや卑劣さでは、前例がないはずです。

今、考えられるのは、電波を妨害する事くらいですが電界の数値は、自分自身に小型チップが

設置され自分自身が媒体となり磁界が発生しているので磁界で飛ばしているなら違法電波

妨害機器では、防げないはずです。ましてや問題は、近隣から常に放射線照射が行われている

事が一番の問題で映像で見る限り近隣一体に放射線は、漏れています。

引っ越しは、栃木の旅行中にすぐ集団ストーカーテクノロジー犯罪の工作員の家族や学生が

ホテルに来て加害行為に参加しているので他の被害者が言っているようにどこに行こうがまた

家宅侵入され小型チップを設置され区道に散布され洗濯物に散布され放射線照射機器を持った

工作員が近隣に越して来て放射線照射が行われます。他の被害者が言っている鉛の防御法は、鉛自体に放射線照射の小型チップを設置され内側から放射線照射が行われます。放射線は、波のように隙間から入ってくるので防御は、難しく考えられるのが鉄筋コンクリートの地下住宅で引きこもって

いるだけならば防御できますが、外にでれませんし都内の鉄筋コンクリート住宅は、賃貸でも中古でも新築一戸建てでもとても高額です。もっと軽い放射線防護断熱剤や窓ガラスや遮断外壁がありますが集団ストーカーテクノロジー犯罪自体建設会社が行っている犯罪なので細工される可能性があります。私の場合ですが高校の担任に集団ストーカーテクノロジー犯罪のリストにあげられてから公安が行く先々で風評被害を流し友人との人間関係を壊していきます。職場でも陰で危険人物の監視要請と言い公安が来ているので何もかもがうまくいかなくなり徹底的な嫌がらせが行われますがまさか大の大人がこんなくだらない口汚い言葉の暴力をするのか、、と思いますがやってきます。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました