【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

RFID放射線犯罪、インターフォン映像

RFID放射線犯罪、インターフォン映像 参考画像 国内の話題

自宅内は、RFIDの盗撮と放射線照射指示のデータの送受信とガイガーカウンターの数値の改ざんの為常に電波の届く範囲の近隣から小型ICチップの書き込みなどが行われています。私の両目に設置された小型ICチップが自宅内外の小型ICチップとアンテナで繋がり放射線照射と盗撮が行われます。映像が歪んでいるのは、インターフォンの電気回路にも小型ICチップが設置されそこを経由して電離放射線照射が行われるからです。そして強い電場磁場がRFIDのデータの送受信で発生しています。2020年3月9日に私に対する放射線照射と盗撮の犯罪に気が付いてしまい竹ノ塚警察に電話をしてから1時間後にこれまでの0.90μSv/h​などと違い慌てて殺害する為1sv/h単位であててきます。ここで地域住民が一丸となった放射線照射と盗撮の犯罪だと気が付きますが2020年4月に避難先の実家から自宅に戻って来ても今までとは違い早く癌にして殺す為、大量に放射線照射が行われます。そこで実家に非難するまで撮影出来ていたインターフォンがここまで歪んでいます。小型チップが設置されRFIDの盗撮と放射線照射が行われていますがそれだけではなく自宅内は、常に放射線照射が行われ一定の強い電磁波が発生しています。さらにRFIDの盗撮と放射線照射のデータの送受信で電界磁界が高くなっている為、このような映像になっています。映像が歪んでいるのインターフォンだけではなく、ソニーアクションカム2台。プラネックスネットワークカメラ3台。新鋭ネットワークカメラ1台。パナソニックカメラbb1台。スマートフォンカメラ2台。jcvビデオカメラ1台。ソニービデオカメラ1台。合計11台の映像がメーカーや販売店で前例がないと言われています。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました