【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

中国・習近平国家主席 新型コロナ対応の成果を強調(2021年1月1日)

中国・習近平国家主席 新型コロナ対応の成果を強調(2021年1月1日) 参考画像 中国

0

中国の習近平国家主席は新年に向けたテレビ演説で新型コロナウイルスへの対応の成果を強調し、世界経済が大きな打撃を受けるなか、中国は「いち早くプラスの経済成長を実現した」とアピールしました。

 中国・習近平国家主席:「我が国は世界の主要国でいち早くプラスの経済成長を実現した」
 習主席は先月31日夜に放送された演説で「感染予防と経済発展の両立で重大な成果を得た」と新型コロナへの対応を自画自賛しました。さらに、外交面で積極的に国際社会へ連携を呼び掛けたことや国内で最重要課題としてきた農村部の貧困脱却を実現したことをアピールしました。習主席は演説で自らの指導力を強調することで求心力を高める狙いもあるとみられます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【コメント】

  1. 👍

  2. 危篤じゃなかったか

  3. なんかやつれてね?前までもう少しプーさんだったよね

  4. お前らが広めとんねん!

  5. 見れば見るほどぶん殴りたくなる顔

  6. これがコロナを作った中国の本当の目的

    2020年の東京オリンピックを中止させること
    コロナ起源は輸入冷凍食品という中国主張を放置すると、すぐ『日本起源』にされますよ。10年後、30年後、50年後。そして『中国人民1億人犠牲者記念碑』が出来て日本に賠償請求される危険性もある上、数日前に中国の医師はコロナウイルスの情報を海外に漏洩させるとスパイ容疑で死刑になる法律が制定された。
    中国の真の狙いは東京オリンピックを中止させ2020年のオリンピックを自国開催して世界で初めてオリンピックを連続開催した国として注目を浴びて侵略を広げること→2016年頃から言われていること中国の目標が2020年のオリンピックを自国開催すること→仮に東京オリンピックが開催されることで日本の経済の回りが良くなる→中国は内情では経済衰退しており、主要貿易国でオリンピックが開催されることで経済的なデメリットが発生する→オリンピックを阻止する方法の一つとしてウイルスを武漢の研究所で秘密裏に開発。これがCOVID-19(新型コロナウイルス)。コロナ自体は今見つかったわけではなく、1970年頃に発見されており研究は進んでいた。このことから実はワクチンも完成している可能性があり東京オリンピックが完全に失くなるまで公表しない。→本来の予定では3月〜4月頃に東京でウイルスを密かに撒き、東京を発症元とし、世界にコロナウイルスが広がり、世界の経済にダメージを与え、ウイルスの恐怖に便乗してマスク貿易を始める。実際、現在日本に出回ってるマスクは中国製が多い(おかしくない?)。→コロナウイルスが東京を発症元に世界で広がる。名称を病名を東京コロナ肺炎(仮)とし、日本に世界の経済的ダメージを負わせた責任を求める。→東京オリンピック開催を中止の要求、損害賠償を請求し、日本財政と外務関係を悪化させる。→東京オリンピックが完全中止→中国がワクチンを公表→ウイルス騒動終息のワクチンの開発に貢献した功績を利用して買収していたWHOに東京の代わりに北京での開催を代案。2021年のオリンピックの開催地を東京から北京に変更→2020年北京オリンピックが開催され、中国の目標が達成される。
    これが本来の計画だったんじゃないだろうか?

  7. は?

  8. 世界はもう中共の発表を何一つ信じない。

  9. テメェが故意にばら撒いたんだろ?トランプ大統領を大統領から引き摺り下ろしたり、東京オリンピックを中止させて米国や日本を侵略するためにやったんだろ?

  10. 我国在世界?

タイトルとURLをコピーしました