【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

豪政府制作の“新型コロナCM”・・・「怖すぎる」と物議(2021年7月16日)

豪政府制作の“新型コロナCM”・・・「怖すぎる」と物議(2021年7月16日) 参考画像 政府

0

 鼻にチューブを付け、苦しそうに呼吸する1人の若い女性。苦悶(くもん)の表情を浮かべ、目で何かを訴えています。

 “新型コロナは誰にでも影響を与えうる”

 これは、オーストラリア政府が制作した、新型コロナ感染対策のキャンペーンCMです。

 若い女性が呼吸困難に苦しむ姿を、あえて生々しく見せることで、若者世代にステイホームやワクチン接種を促す狙いがあるのだといいます。

 このCMが公開されると、「怖すぎる」「削除してほしい」という批判が相次ぐ一方で、「若者もコロナで苦しむ可能性があることを、はっきりと示している」と、CMを評価する声も上がっているということです。

 オーストラリアでは、ワクチンの供給が不足するなか、最近になって、インド型の「デルタ株」の感染者が急増していて、シドニーでは、先月末から始まったロックダウンが延長されて、今月末まで続くことになっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【コメント】

  1. こわぁ、、でも効果ありそう

  2. たしかに日本でも流すべき。このCMがいいけどだめなら演技うまい俳優か女優。

  3. これええやん。
    都会にあるでっかいモニターで流そう。ビルの壁に埋もれてるモニター。

  4. 反ワクチンの未来です☝😀

  5. 東京で酒飲んで騒いでる奴らに見てもらいたい

  6. 日本政府は目的がコロナの抑制じゃなくて国民をいじめることになってるから、羨ましいくらい。

  7. これ位が丁度いい。

  8. はやくみんなでBBQやりたい

  9. これを見ればワクチンですが、ワクチン打って待機中泡吹いて死亡じゃ!一か八かですか?

タイトルとURLをコピーしました